雨樋工事

軒の下でひっそりと、雨から建物を守っています。

雨樋が壊れた時に、修理を先延ばしにする方は結構いらっしゃいます。
けれども、雨樋の機能不良で土地の一か所に大量の水が降り注いだりすると、当然ながらそれも劣化や浸食の原因になってしまいます。変形や破損などが判明した場合、なるべく早めに修理・交換を行うことが、それ以上の被害を増やさないために大切なことになります。

以下のチェック項目のような症状について、まずは自己診断をしてみましょう。

  • 割れ・変形・歪みが見られる
  • 水が漏れて軒先から垂れてくる
  • 取り付け金具が錆びている、外れている
  • 変色してきた
  • 現在の雨樋を取り付けてから20年以上経っている

雨樋工事のポイント

適切な勾配をつける

雨水を正しく排水するために必要なのが、雨樋の傾斜です。
排水場所や景観への影響などのバランスを考慮した適切な施工が必要になります。

建物や屋根に合わせた素材・形状を選択

雨樋と一口に言っても、素材や形状について様々な選択が可能です。
塩化ビニール・ステンレス・ガルバリウム・銅板、半月型や角形など、多種多様な雨樋素材の中から最適なものをご案内いたします。

PAGE TOP