屋根修理工事

ホーム工事について屋根修理工事

屋根工事について

屋根工事について

屋根は建物の中で一番過酷な環境下にあると言われています。
もともと紫外線や雨風から建物を守るための箇所ですし、ダメージを受けやすいことは想像に難くないかと思います。その屋根に不具合が起こるとまず建材にカビの発生・腐食などが起こってしまい、建物の被害は瞬く間に進んでいきます。
屋根のトラブルを防ぐためには、屋根のメンテナンスや補修工事を然るべきタイミングで行うことが重要になります。
しかし、お客様ご自身で屋根の状態を確認するのは難しく、特に板金部のトラブルは一見しただけでは分からないかと思われます。

そこで、菊池板金では屋根全体のメンテナンスはもちろん、雨樋など付帯箇所を含めた無料診断を承っております。

このような被害が出る前に

暮らしのために、早めの修理と定期診断を

  • 雨漏りの修理を依頼したところ、屋根裏の建材が既に腐っていて、多額の修繕費がかかってしまった…
  • 台風の影響で屋根が飛び、そのうえ隣家を損壊していた..
  • 以前雨漏りした時に依頼した応急処置の施工不良で、被害の拡大に気付くのがむしろ遅くなってしまった..

屋根のトラブル原因は多岐に渡るので、まずその原因が何にあるのかをしっかり見定めなければ、根本的な解決には至りません。
菊池板金ではこれまで沢山の事例に携わった職人が、知識と経験を元に責任もって施工いたします。

金属

金属

金属屋根は色褪せ・さびに始まり、台風など天候の影響により剥がれてしまう事も多々あります。
表面を保護している塗膜は、約10年ほど経つとどうしても効果が薄れてしまいます。最初に色褪せが見え、錆や傷がだんだん広がっていきます。深刻化しないうちに塗り替えなどで対処すれば問題ありません。しかし、塗り替えだけでは解決しない内部構造の不具合が起きてしまうと、屋根材の交換や重ね葺きなどの施工が必要になります。

瓦

瓦は特に寿命が長い屋根材で、手入れも殆ど必要ないと言われています。
それは間違いないのですが、問題は谷樋板金・雨押さえ板金など、水切り板金部分にあります。
これらは建設時の作業都合上、板金職人ではなく瓦職人や大工さんが施工する場合が多いのです。残念なことに、水切り板金が不具合でうまく機能せずに雨漏りに至る事例は少なくありません。

スレート屋根

コロニアル(スレート)

スレート屋根は他と比べて比較的安価ですので、一般住宅を建てる際にとても人気の屋根材です。しかし、構造上屋根の土台となる板(野地板)が腐ってしまうリスクが高いということは、あまり知られていません。
屋根は野地板→防水シート→屋根材という順番で重なっています。その隙間の熱気や湿気を逃がす機能がスレート屋根には無いので、野地板が傷みやすいのです。

折板

折板

折板とは、いわゆるトタン板です。
軽量・安価・強度が高い、などの理由から、鉄骨の建物や倉庫・物置などによく使われています。
折板屋根は塗装が剥がれることで錆や傷が生じ、雨漏りに発展してしまいます。
菊池板金では長尺の折板屋根の修理にも対応することが出来ます。ぜひご相談下さい。

PAGE TOP